SO-411酸素センサー

SO-411酸素センサー

見積依頼

実験室やフィールドで気体酸素を測定する

Apogee SO-411酸素センサーは、実験室、土壌、多孔質媒体中の気体酸素を信頼性の高い低価格で測定します。 コンポストパイルや鉱滓、土壌中の酸化還元電位のモニタリング、密閉チャンバー内での酸素消費量の測定による呼吸速度の決定、土壌や多孔質媒体中の酸素勾配の測定などに使用される。

プラグ・アンド・プレイ技術-リモート・データ・アクセス

セットアップは驚くほど簡単で、酸素センサーをZL6データロガーに接続するだけで、各センサーが自己識別され、GPS位置情報などの重要なメタデータが自動的に記録される。 コンピュータ、タブレット、スマートフォンで、どこにいてもクラウドから即座にリモート・データ・アクセスが可能です。

頑丈で堅牢

SO-411は強靭なポリプロピレンボディに収納されており、酸性環境(鉱山鉱滓)を含む多孔質媒体での長期使用に最適です。 また、多孔質媒体中の測定用に小さなエアポケットを作るディフュージョンヘッドも備えている。

よりスマートに

サーミスタを内蔵した設計により、酸素センサは温度監視が可能で、温度の影響を考慮して信号を補正することができる。 さらに、膜の温度を周囲温度より約2度上昇させる抵抗加熱器が付属している。 これにより、テフロン膜に結露が発生し、センサーの拡散経路が塞がれるのを防ぐことができる*。

キャリブレーションが簡単

酸素濃度を酸素%の単位で正確に出力するために、すべての酸素センサーは、設置される場所の標高における周囲条件下で校正されなければならない。 SO-411とZENTRAロガーおよびソフトウェアを組み合わせることで、この較正はボタンを押すのと同じくらい簡単になります。 ZENTRA 自動記録器とソフトウェアでは、オプションのN2ガスによるゼロオフセットも簡単かつ確実です(10%O2 未満の測定に推奨)。

長持ち保証

堅牢で信頼性の高いSO-411酸素センサーは、業界をリードする4年保証付きで、ラボや現場での長期連続モニタリングに最適です。 でも一番いいのは? ZL6およびZENTRA Cloudと互換性があり、簡単にリモートでデータにアクセスできるため、いつでもどこでもデータを確認できます。

 

*注: ヒーターエレメントを作動させるには、ユーザーが供給する12 V電源を2本のヒーターリード線に接続する必要があります。 主電源による充電、遠隔地でのソーラー充電、バッテリー充電ができない場合は定期的なバッテリー交換が必要です。

METERは次のような信頼を得ている。

アイダホ大学
ブリガム・ヤング大学
テンプル大学
キャンベル・サイエンティフィック

見積依頼

仕様

測定範囲 0~100%O2
測定再現性 酸素濃度20.95%でmV出力の0.1%未満
非線形性 1%未満
長期ドリフト(非安定性) 年間1mV
酸素消費率 20.95%O2、23℃で1日あたり0.1μmolO2(ガルバニ電池センサーは電解液との化学反応でO2を消費し、電流を発生させる)
応答時間 60 s
動作環境 -20~60℃、相対湿度0~100%(結露なきこと)、60~114kPa

注:電解液は-20℃より低い温度で凍結します。これはセンサーを損傷することはありませんが、測定を行うにはセンサーを-20℃以上の温度にする必要があります。

ヒーター電圧要件 連続12V DC
ヒーター電流 6.2 mA(12 V DC電源使用時の所要電力74 mW)
寸法 直径32mm、長さ68mm
方向性(コサイン)レスポンス 天頂角45°で±2%、天頂角75°で±5%(下記の指向性応答を参照)
ケーブル 5mまたは10mのセンサーケーブルは、ZENTRAロガー用の2mのステレオケーブルと、12Vヒーター電源用のピグテール終端付き2mのケーブルに分かれます。
質量 175g(リード線5m付き)
保証 材料および製造上の欠陥に対して4年間保証
データロガー互換性(排他的ではない) メータ EM60シリーズ、ZL6シリーズ、ZSC

SO-411酸素センサーの写真

見積依頼

下記のフォームに必要事項をご記入の上、送信してください。 ご要望の情報を準備し、できるだけ早くご連絡いたします。

 

icon-angle icon-bars icon-times